LOVEのバナー
no1男性も女性も無料!
日頃のストレスを発散したい・もう一度恋がしたい・そういった熟女・人妻が多数登録しています。 中高年男性や、年上女性好き男性に人気のサイトです。近所で探してその日のうちに会うこも可能!
VIXYのバナー
no2目的がハッキリしているから早い!
はしたない奥様はHな関係を探している人妻、熟女が多数登録している出会い系サイトです 熟女との出会いは超濃厚エッチ!女性の口コミも独身時代より充実してますという声もありました。
愛カツのバナー
no3割り切った関係なら
熟女は意外と押しに弱いのです。ここの熟女会員はお願いすれば楽にやらせてくれます。
女性と即会い!互いに既婚者で時間が無く、車内でのセックス希望も叶えられた口コミで話題!

逆援助交際は女たちの火遊び

逆援助交際を楽しむ女性たちにはセレブな層が多いというのは、単なる噂の一つとして耳にしていましたが、それがどうやら正しいのだということを実体験から痛感しました。

逆援助交際というのは名ばかりで、結局のところ男女が納得したうえでお付き合いをしているのなら、別に無理やりお金のやり取りをする必要はありません。
男性が女性からお金を受け取る義務はないわけです。
それは、逆援助交際を楽しむ男女の間で取り決められた「暗黙のルールである」というだけです。

実際、僕の知人にも、もともとは女性に飼われていた男性が、本当の愛を見いだしたとか言ってお金を受け取る事を一切やめてしまったということがあります。
逆援助交際というのは、いわばセフレの関係に最も近いのですが、ふたりのあいだにおかねのやりとりがなくなり、おまけに心まで通じ合って心底お互いを必要としあっているということであれば、二人の関係は限りなく恋人同士の物に近いとみていいのではないでしょうか。
このあたりのことについては、もちろん人それぞれ見解の違いもあるでしょうが。

しかしながら、本当の意味で「恋愛感情など一切存在しない」お付き合いもあるのだということを、私は実体験から痛感しました。
私の場合は、いくら私の側が相手の女性を好きになっても、彼女にその感情を受け入れてもらえなかったという状態ですね。
少しさびしい気分にならないといえば嘘ですが、やっぱりこれは「逆援助交際を楽しむ上での手本」といえるような関係なので、思わずここで書かずにはいられません。

彼女と僕をつなぐものは、絶対的な体の関係とお金しかありません。
どちらか一つが書けてもダメなのです。
ダメだと言っているのは彼女の方だけですが、例えば僕が彼女からお金を請求しなくなってしまったら、二人の関係は恋愛の関係に近くなってしまうと言い張るのです。
彼女にとって僕はどうやら、性的な欲求不満を満たすための道具でしかないようです。
二十代後半の若さで、誰もが知る大企業の重要ポストを任された彼女は、典型的な仕事人間。
職場での人間関係も面倒だし、仕事のことにしか興味はないのだと彼女は言い張っています。
たしかに、仕事ができる彼女は周囲からねたまれる機会も多いのでしょう。
ストレスがたまった時こそ仕事に打ち込んで忘れようとする、そんな彼女の心境を理解できない部分もあるのですが、それだけ夢中になれる仕事があるのなら、とても羨ましいことだと思うのです。
僕もそれなりに一流の企業に務めて、良い給料をもらっている身分ですが、それにしたって彼女のように全身全霊で仕事に打ち込む気力はありませんし、そもそも私は自分の仕事がそれほど好きであるとは言い切れません。
不良社員です(笑)

ただ、彼女の心がどれだけ仕事に打ち込んでいても、体の方は正直で、どうしても性欲を抑えきれない時があるのです。
そういうときだけ、私が必要とされます。
でも、やっぱりもったいないと思うんですよね。
だって、彼女は美人ですし、スタイルもいいのです。
セフレとしてのお付き合いだけではなく、できれば本気で恋をしてみたいものです。
感度も抜群で、セックスのたびにこれだけ喜んでもらえるなら、イカせてあげる甲斐があるというものです。

これだけ頻繁に呼んでもらえるわけですから、少なくともセックスのテクニックだけは彼女に認めてもらっているということでしょう。
実際に彼女から、面と向かってそのように言われたこともあります。
この調子で、なんとか彼女を落とせないものかなあと、本気でもくろんでいるのですが……。